安心で確実性の高い埋没法で理想的な二重まぶたを作る

そもそも二重というのは、目を開ける筋肉の繊維の一部が目を開ける時に引きこまれてしまうことで出来る折れ曲がりとなります。
多くの方が一重で悩みを抱えていますが、今では比較的簡単に二重を作ることができるのです。

 

もちろん埋没法と言いましても実際の手術というのは医師により糸を留める位置や、また糸の留め方も異なります。
埋没法に対していい加減な表現をしている美容クリニックも中にはありますので、とにかく信頼出来て口コミでも評判のクリニックを選ぶことが大切なのです。
埋没法によって元々の二重と同様の原理においてラインができ、自然な二重まぶたを作ることが出来るでしょう。
目をいじって改善した、っという印象を周囲の人にもたれることなく、ごく自然な仕上がりを期待できます。


best https://www.andaztokyo.jp/restaurants/en/rooftop-bar/
rooftop bar in tokyoクリック



安心で確実性の高い埋没法で理想的な二重まぶたを作るブログ:26 12 2019

2週間前のこと…

優しそうなお父さんと小学校4〜5年生くらいのお兄ちゃんに、
両方から手をつないでもらって
楽しそうに歩いている男の子がふと目に入りました。
たぶん、3〜4歳くらいかな。

男3人で美術館に行くのか、
もしかしたらスーパーにショッピングに向かっているのか、
…なんて感じの休日の風景。

私は、ドラッグストアに日用品を買いに行った帰りで、
なぜ母親は一緒じゃないのかな〜?なんてことを考えながら、
嬉しそうなその親と娘の様子を、
「景色」を見るような感じで眺めていました。


すると突然、
その景色が突然動き出したというか、
まるで動かない絵から手が伸びてきたかのように
男の子がすれ違いざまにそのキラキラした笑顔を、
こっそりと私に投げかけてきたんです。

挨拶するでもなく、会釈をするでもなく、
ぼーっと見ていた私に彼が笑いかけてくれたのは、
なんだかとても不思議な感じ。

お父さんとお兄ちゃんは、通りすがりの私のことなんて
全然気に留めていない様子なのに…

目が合って少し驚いた私も、
その子に思わず笑顔を返していました。

今まで「笑顔って大切」とか、
もちろんよく知っていることだし、
人にも幾度となく言ってきたように思う。

でもこんなにも 心にストンと入ってくる笑顔には、
そうそう出会った事がなかったかもしれない。

どうしたら、
あんな笑顔が出来るの?って思った。

彼は、大好きなお父さんとお兄ちゃんに手をつないでもらって、
そのとき 「世界」を完全に信頼しきっていたのかな。

だからこそ、
見知らぬ私にもあんな笑顔が出来たんじゃないだろうか。

世界を「愛」という視点で見るということは、
まさにこれなのかもしれない…
と私は思いました。


このページの先頭へ戻る